流行性耳下腺炎と反復性耳下腺炎
流行性耳下腺炎と反復性耳下腺炎

反復性耳下腺炎

反復性耳下腺炎とは?

 

反復性耳下腺炎について紹介します。反復性耳下腺炎ってなんだかご存知でしょうか?よくおたふくかぜと間違われやすい病気としてこの反復性耳下腺炎は有名です。反復性耳下腺炎になる年齢と言うのは、早い子なら一歳になるまでに発症すると言われています。一番の反復性耳下腺炎になりやすい時期と言うのはだいたい5歳から6歳ごろと言われています。一年の間に5回以内で耳の下の腺がはれてしまうという症状を繰り返して、しかも5年以上その症状が続くと言うのが反復性耳下腺炎の特徴だそうです。反復性耳下腺炎の症状はだいたい思春期以降はなくなるとは言われているので、小さい頃だけの症状のようですね。


反復性耳下腺炎の原因についてですが、耳下腺が先天性の以上の場合や、アレルギーによる反応で起きているか、ウイルスに感染していることによっておきているのかその原因は色々だそうです。虫歯からなったり、疲れがたまることからなるということもあると言われています。

その他の耳の病気についてはこちらを参考にどうぞ。

耳の病気NAVI
http://33byouki.com/


反復性耳下腺炎

反復性耳下腺炎の症状

 

反復性耳下腺炎の症状について紹介します。反復性耳下腺炎の症状の特徴としては耳の下の腺がはれるということが特徴です。普通は反復性耳下腺炎の症状の腫れと言うのは片方だけの場合が多いようです。でも中には両方腫れたり交互に腫れ足りすることもあるそうです。反復性耳下腺炎の症状の腫れはだいたい2日くらい経てば自然に治ると言われていますが、中には1ヶ月以上も腫れが続く人もいるそうです。おたふくかぜの症状とこの反復性耳下腺炎の症状と言うのは間違われやすいのですが、おたふくかぜよりも、腫れが堅くて痛みはあまり内容で、あまり高熱を出すと言う症状もないようです。


反復性耳下腺炎の症状があらわれてしまった場合の治療方法ですが、特にこれといった治療方法はないようです。最近が感染していることが原因だとして、抗生物質を投与したり、もしも腫れていたいときには、冷湿布をしたり、消炎鎮痛剤を使って痛みと炎症を抑える治療をおこなうそうです。


流行性耳下腺炎とは?

流行性耳下腺炎とは?

 

流行性耳下腺炎について説明したいと思いますが、この流行性耳下腺炎という病気、実は誰でも聞いたことがあるし知っている病気の名前ですが流行性耳下腺炎ってなんだかわかりますか?流行性耳下腺炎というのは、わかりやすくいえばおたふくかぜのことなんですよね。普段私達はおたふくかぜとよんでいますが、この病気実は正式名称は流行性耳下腺炎だったんですね。


このおたふくかぜ、ウィルスにかかってしまうと病気になりますが、そのウィルスの名前をムンプスウィルスというのです。感染病ですから、潜伏期間もあるのですが、だいたい2週間から3週間くらいの潜伏期間を経て症状が現れると言われていますね。しかし、あまり感染力は強くないので、うつらないこともあるようです。


このおたふくかぜの流行性耳下腺炎は小さい子がかかりやすいと言うイメージがありますが、あまり小さすぎてもかからずにだいたい3歳くらいの子供から10歳までの子供にかかりやすいと言われています。


流行性耳下腺炎の症状

流行性耳下腺炎の症状

 

流行性耳下腺炎の症状について説明したいと思いますが、流行性耳下腺炎の症状で誰でもすぐに思いつくのがほっぺたがはれるということですが、実は腫れているのは、頬ではないのですよね。腫れているのは頬の後ろ辺り、耳の下くらいです。この腫れば流行性耳下腺炎の症状の一番の特徴です。


他にも、流行性耳下腺炎の症状としては、熱を出すことがあります。そして流行性耳下腺炎の熱のせいで頭が痛くなったりお腹が痛くなるということもあるみたいですね。おたふくかぜの時に、頬が腫れるのは有名ですが、だいたい2日位すれば左右両方の頬が腫れるみたいなのですが、人によっては片方だけしか腫れない人もいるみたいです。


私も母に聞いたら片方しか腫れなかったと言っていました。それから、痛さも人それぞれで、とても痛い人になると、口をあけるだけでも辛くてご飯も食べられない人もいるみたいです。人によって症状の治まる期間も色々ですがだいたい1週間から10日くらいで腫れがひいてましになってくるようです。


流行性耳下腺炎の予防接種

流行性耳下腺炎の予防接種

 

流行性耳下腺炎の予防接種について紹介します。流行性耳下腺炎の予防接種は、1歳のお誕生日をすぎたお子さんなら受けることが出来ます。この流行性耳下腺炎の予防接種は他の予防接種のように決められていて必ず受けなければならないと言うものではありません。任意の摂取になるので流行性耳下腺炎の予防接種を受ける人と受けない人がいるわけですね。でも、流行性耳下腺炎の予防接種を受けておけば、軽くすむといわれていますし、おたふくかぜは感染する力があまり強くないので、かからないこともあるといわれていますよ。


普通は小さい頃にかかるものですが、子供の頃にかからずに、流行性耳下腺炎の予防接種もしたいなかったという人は、大人になってから感染してしまうと大変なので、予防接種を受けておいたほうがいいかもしれませんね。予防接種は任意なので、摂取するにはお金がかかります。先日娘を予防接種に連れて行ったのですが4200円くらいかかったように思います。


これから幼稚園や保育園、小学校へ上がるというお子さんがいる場合は、出来るだけ予防接種をしておいたほうがいいかもしれませんね。この時期によくかかりやすいと言われていますし、中には脳炎を併発する場合があるので怖いですからね。


流行性耳下腺炎のワクチン

流行性耳下腺炎のワクチン

 

流行性耳下腺炎のワクチンについて紹介したいと思います。流行性耳下腺炎のワクチンと言うのは、どんな効果があるのかというと、流行性耳下腺炎のワクチンを接種しておくことで感染を予防することが出来ます。感染は飛まつ感染するのですが、潜伏期間も3週間くらいあるので、なかなか予防すると言うのは難しいと言われています。


でも、流行性耳下腺炎のワクチンを接種しておけば唯一予防することが出来るそうなんですね。予防できないことをあらかじめ予防することが出来るなら流行性耳下腺炎のワクチンを接種しておいたほうが子供さんも楽ですよね。中には高熱が出て合併症を起こしてしまって脳症とか髄膜炎を併発してしまうお子さんもいるようですから、予防したり、軽くすんだりできることならやってあげたいですよね。


このワクチンは菌をあらかじめ体の中に入れることによって免疫をつけて感染しないようにすると言うものなのですが、やはりかかってしまう人も中にはいますが、そのときでも比較的、ワクチンを接種していない人に比べると軽くすむので効果があるといわれているんですね。


大人の流行性耳下腺炎

大人の流行性耳下腺炎

 

大人の流行性耳下腺縁について紹介します。大人の流行性耳下腺炎は子供よりもかかってしまうと症状がきついと言うことをよく聞きますよね。大人の流行性耳下腺炎は熱も高く出ますし、耳の下が腫れる症状も、痛さも子供よりもきつくて大変だと言われています。


しかも大人の流行性耳下腺炎はまれにですが、女の人がかかってしまうと卵巣炎を併発することもあって危ないと言いますよね。大人の流行性耳下腺炎では他にも睾丸が腫れてしまって、重症になると不妊症になるとも昔は言われていましたがそれはあまりないそうですよ。


子供の頃に流行性耳下腺炎にかかっている人は大人の流行性耳下腺炎には猛火からないといわれているのですが、ごくごくまれに、お年寄りなどで、小さい頃にかかったのにまた大人になってからかかってしまうと言う人もいるようです。普通は子供の頃にかかっていれば大人になってからかかるということはないようですね。大人になってからおたふくかぜにかかるとやっかいですから、子供の頃に予防接種していないのなら受けたほうがいかもしれませんね。